赤帽の引っ越し料金を相場より安くするコツをまとめました

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤帽や引っ越し業者の料金を相場よりも安く抑える


赤帽で赤帽車による引っ越しをして料金を安くしたいと考える方は多いです。ただ、最近は赤帽だけでなく大手のアートや日通、サカイ等も低料金になっていますので複数の業者から見積もりを取って比較することがポイントです。

引越しの料金というのは、赤帽に限らず一律の料金表があるわけではなく、エアコン、冷蔵庫などの家電や家具などの荷物の量や作業開始の時間帯、平日なのか休日なのかといったタイミングやスケジュール、トラックの台数、エレベーターの有無などによっても変わってきます。

同じ運送業者であっても交渉のやり方で初回見積もりより数万円単位で変わってくるケースも珍しくありません

とくに料金交渉に自信が無い方や早く業者を探したい場合は、無料でできる複数業者一括見積サイトのサービスを利用することをオススメします。パソコンやスマホから利用でき、希望日時や荷物の量などを入力すると複数の業者からまとめて見積もりをもらうことができます。各社とも、他社との競争であることがわかっているため、面倒な料金交渉をしなくても最初から安い見積もりを出してきます。届いた見積もりを比較すれば一番格安な業者がすぐに見つかります。

赤帽や引越し業者の得意分野を見極める

赤帽に限らず引越し業者を選択していくうえで、その引っ越し業者の得意分野を知るということはたいへん重要な役割を持っていることは間違いありません。

赤帽車による赤帽引越センターの場合は見積料金の値段が安い事が口コミでも評価されています。特に単身者のように荷物やダンボールの量が少なかったり、梱包作業やスタッフの手伝いが不要で移動距離が短く短い時間で作業可能な引っ越しでは大手より赤帽引越の方が値段も安くなる傾向にあります。

赤帽車の荷台は幅1410mm、荷台フロア長2020mm、荷台高最大1800mmが基本でサイズ的には小さめですので荷物の量と内容によっては数台に分けたりすることも必要で、他社の大きめのトラックの方が割安になることもあります。

個人で知り合いの手伝いを借りてレンタカーで行うことも出来ますが、トラックのレンタル代もかかってきますし、プロの格安引越し業者に依頼した方が安く済むことも多いです。

荷造りや梱包、家具の設置は自分でやるのか配送業者にまかせるのか、ダンボールと資材はどれくらい必要なのか、サイズはどれくらいか、一人暮らしの単身引越しなのか、子供のいるファミリー家族の荷物の多い引越しなのか、一戸建てなのかマンション、アパートなのか、時期はいつなのか、自分がどういった引越しを行うのかと、その引越し業者が重点を置いている部分がしっかりと合わさることによって、その引越しはより満足度と効率の良いものに変わっていくものです。

例えば、その引越し業者が全国の長距離移動を効率よく行うことが可能なノウハウや手段を持っていて、それによって何百kmも離れたエリアへの走行距離や移動距離の長い引越しでも効率よく行うことができるようになっているということであったり、赤帽単身引越などのようなワンルームや単身者の荷物量の少ない引越しを行う際には、ほかの引越し業者よりも、費用を削減していくことで作業を行うことができるなどが代表的なものです。

また引越し業者側には、ピアノなどのような一般的には部屋への運搬することが難しいとされ、専門の業者を呼ばなくてはならないような作業まで自分たちで行ってしまうことができるという特徴を備えているところも存在します。緊急の引っ越しに対応できる業者も重宝されます。

全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会の通称赤帽は、軽自動車による運送業に個人事業主で構成される協同組合組織ですので、小規模な引越しの際には利用する場合が多いです。ファミリー向けなどで、洗濯機やベッド、冷蔵庫も大型で荷物の量が多い引越しには不向きでドライバーの方も運送がメインなので、大手の引っ越し業者を利用するケースがクチコミでも多いです。

引越し業者を選択していくためには、料金以外にもお客様対応、接客対応やサービスや補償、自分がどういった引越しを行うのかを改めて確認していく必要があります。

赤帽引っ越しの料金はこう決まる

赤帽引っ越しの料金は3つの種類があります。

まず一つ目が距離制運賃料金です。荷物を積載して新居まで走行した距離によって料金が変動します。20kmまで4,860円で以降は1kmごとに216円から108円(長距離程1kmあたりの加算額が安くなります)が加算されていきます。

二つ目が時間制運賃料金で2時間貸し切り20kmまでの近距離で4,860円、1日貸し切り8時間80kmまでという設定があります。どちらも超過時間が30分ごとに1,350円が加算されます。

以上に加えて加算されるのが三つ目の引越し運賃料金です。作業時間2時間以内走行距離20km以内で13,500円が基本ですが、荷物の量やスタッフの人数により作業費用と人件費が値段が追加されることも少なくありません。基本的に土曜日、日曜日と祝日は2割り増し、午後10時から午前5時までの深夜早朝は3割増しです。

キャッシュバックや不用品売却を引っ越し料金に充当する

ベッドや洗濯機などの大型家具は、市町村の窓口へネットや電話で連絡してゴミ処理券やシールを貼り付けすることで粗大ごみとして処分できます。荷物の量が減ることで引越し料金も安くなります。

引っ越し料金を安くすることも重要ですが、不用品を売るなどして現金を得て費用に充てるということも節約につながります。たとえば、本やCD、ブランド品の洋服やバッグなどはリサイクルショップで高値で売却することができますし、ゴルフクラブやフィギュアなどという趣味の物も買取してくれる業者が増えています。買取の形態も店舗への持ち込みだけでなく、宅配便で不用品を送って査定して買い取ってくれるという宅配買取の業態も多くなっています。使わなくなったものは売ることでお金になりますし、引越しの際の荷物も減らすことができます。

また、インターネット回線やケーブルテレビについても各社とも競争が激しくなっていて、他社から乗り換えすることで数万円単位のキャッシュバックを受けられるケースも珍しくありません。引越しの機会に乗り換えをしてキャッシュバックしてもらうという選択肢もオススメです。

赤帽の引っ越し料金を安くするなら一括見積もりサイトを利用してみよう

引っ越し業者を選ぶ時に役立つ情報となる見積もりですが、見積もりを知る為には、自分の引っ越しにまつわる複数の情報が必要になることもあります。どこからどこまでの移動なのか、何人の引っ越しになるのか、いつ引っ越しをするのか、などのように、具体的な情報を業者に伝えることがあるでしょう。利用したい引っ越し業者の目星がある程度ついている場合には、それぞれの業者に連絡をとる方法がありますが、複数の業者が気になっていたり、漠然としていてまだ業者が見つかっていなかったりすることもあるかもしれませんね。そのような時には、まとめて見積もり依頼ができる、引っ越しの一括見積もりサイトの機能を活用してみるのも役立つ方法となるでしょう。個別に情報を伝える手間が省ける面もあります。

引っ越し一括見積もりサイトでは、サイトの機能を利用することで、一度にいくつかの引っ越し業者の見積もりを知ることができるようになっています。ですが、これらのサイトも複数ありますので、自分との相性が良いサイトを選んでみると良いでしょう。見比べるポイントは複数ありますが、提携している引っ越し業者の内容や、サイトのデザインなどにも注目してみると参考になります。使い方の説明がわかりやすいところや、項目が入力しやすいところなど、自分の視点で上手に活用してみましょう。引っ越し一括見積もりサイトは、ネットから簡単に利用できる面もあり、そのほかにも役立つ情報が得られる場合があります。それぞれの引っ越し業者にまつわる、サービスについての内容やランキング情報のほか、金額の相場情報などの情報が載せられていることもありますので、様々な機能を活用して役立ててみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加